海運会社経営のいろは

  • 序盤に北米・南米方面への輸送案件を請けると、非効率な運航を強いられる可能性が高いです。
    • ゲーム開始から数年経つと、メキシコから南カリブ海にかけての地域に、いくつか港が開設されます。北米・南米方面への進出は、それからでも遅くはないでしょう。
  • オーストラリア・ニュージーランド方面への運航は慎重に。
    • 世界他地域から遠く、燃料もさほど安くありません。
  • アラビア半島周辺には、燃料が安い港が多数所在しています。
  • 東アジアや北大西洋は、全体として燃料が高い港が多いです。
    • 東南アジア・カリブ海・地中海南岸のいくつかの港は燃料が安いはずなので、そうした港を活用していきましょう。
  • 長期契約は、なるべく単純往復に近く、往復の輸送量が均等になるような案件を請けるようにしましょう。
    • 提供可能な輸送能力に対し、ある程度余裕を持って輸送を完遂できる案件を選びましょう。特に長距離案件の場合、あまり輸送能力ギリギリの案件を請けると、万が一回航・輸送開始の遅延等が発生した場合、輸送を完遂できなくなる恐れがあります。
    • 終盤に大型船を運用するようになり、手空き期間が発生するようであれば、「一度の運航で年間必要輸送量全てを運びきれる案件を請け、自由運航のように運航する」というのも手です。

  • 最終更新:2018-06-27 09:08:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード